シアリス 添付文書

シアリスの添付文書の解説

EDの治療薬にはいろいろとあります。

まずは一番最初に有名になったバイアグラ。

バイアグラの登場により、EDで悩む男性はかなり救われたのではないでしょうか?

そしてそののちに、レビトラ、そしてシアリスと登場をしています。

バイアグラ、レビトラ、シアリスとそれぞれに特徴があり、また使い方、注意事項なども変わってきます。

バイアグラを使ったことがある人でも、シアリスを使う際には添付文書や注意事項をきちんと読まなければなりません。

そんなシアリスの添付文書は、個人輸入をしたか、日本で処方をしてもらったかでかわってきます。

日本で処方箋を出してもらった場合は、シートと箱に日本語でシアリスといった表記がされています。

添付文書もついているかと思いますが、それは英語である可能性がたかいかもしれません。

しかし処方をしてもらう段階で、かなり詳しい説明があるのではないかと思います。

そのため、添付文書にたいしてそこまで神経質にならなくても、説明をきちんと聞く、また薬剤師さんからプリントなどをもらった場合はそれを保管しておくとそれで大丈夫と言えます。

問題は個人輸入をした場合です。

個人輸入をした場合、当然購入するのは海外の品ということになります。

海外の医薬品であっても、シアリスであっても基本的に添付文書がついていないということはないでしょう。

当然添付文書はついていることになり、その場合英語になることがほとんどかと思います。

英語でない場合は、その製造国の言語になるかもしれません。

英語が読める、もしくは製造国の言語が理解できる場合は良いかもしれませんが、それでも医学の知識がない人が外国の添付文書を読んでもあまり理解できないのではないでしょうか?

そういった場合は、シアリスについての説明が豊富にのっているサイトを参照したりしていくと重要なところはわかるかと思います。

また最初のシアリスは処方箋をだしてもらい、その後個人輸入をするというのも良い手かもしれません。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<
シアリス